Zero Games

主に任天堂のゲームを攻略していきます。

KNACK(ナック) ふたりの英雄と古代兵団 攻略 8-1 密林の孤島


1つ目の秘密の宝箱まで


☛ スタート直後の分岐点を右へ進み、小さな隙間の先にあるテレポーターでワープをすれば、「 レリックエネルギーの宝箱 」 を入手できます。
 
 テレーポーターでワープした後、小さくなって左奥に進んだ先にあります。


KNACK ふたりの英雄と古代兵団® 8-1 密林の孤島-1



1つ目の秘密の宝箱は、分岐点の合流地点から左の壁にあります。

小さくなれば壁に上ることができ、右上の方にある細い通路を進めば、最奥で宝箱を入手できます。




2つ目の秘密の宝箱まで


☛ 道なりに進むと蜘蛛型の敵が2匹出現し、そこから右の柱の上には 「 レリックエネルギーの宝箱 」 があります。

 レリックの箱を壊してしまった場合は、左手前の短い柱からでも届きます。


KNACK ふたりの英雄と古代兵団® 8-1 密林の孤島-4
1つ目の謎解きフロア。入り口付近にある青いスイッチを押すと仕掛けが作動し、動く壁と 「 ピンク ・ 水色 ・ 青 」 のクリスタルが出現します。3色のクリスタルをそれぞれ光らせると壁の溝が変化し、上ることができる範囲が変わる仕組みになっています。

まずは、どの色も光らせずに左上の 「 レリックエネルギーの宝箱 」 を入手しましょう。その後、青のクリスタルのみを光らせ、右上から先へ進めばOK。(ピンクと水色は作動させません)


KNACK ふたりの英雄と古代兵団® 8-2 密林の孤島-2

さらに先へ進むと、スイッチで作動する階段があります。ウェーブする階段に触れるとダメージを受けると共に戻されてしまう点に注意が必要です。また、一定時間で階段は消滅してしまいます。

尚、1つ目の階段を上りきった後、2つ目の階段左から小さくなって細い通路を進めば、最奥で宝箱を入手できます。その後、2つ目の階段も同じように作動させて進めばOK。




3つ目の秘密の宝箱まで


☛ 少し進むと蜘蛛型の敵が大量に出現するので、スーパームーブで一掃しましょう。

☛ 蜘蛛型の敵を全て倒したら、小さくなって右奥へ進み、壊れた古代兵器の後にある 「 レリックエネルギーの宝箱 × 2 」 を入手しましょう。

☛ 先へ進むには、下段の柱を起こした後に左のスイッチを押して階段を作動させ、素早く上段に移動して階段を渡りましょう。

☛ バリアをまとう古代兵器と戦闘になり、倒すと正面の扉が開き、先へ進めるようになります。


KNACK ふたりの英雄と古代兵団® 8-2 密林の孤島-3

2つ目の謎解きフロア。入り口付近にある青いスイッチを押すと仕掛けが作動し、動く壁と 「 青 ・ ピンク ・ 水色 」 のクリスタルが出現します。秘密の宝箱は壁の左上にあり、ピンクと水色のクリスタルを光らせたら、壁の右下から上っていきましょう。

先へ進むためには、青のクリスタルのみを作動させ、壁の左下から上っていけばOK。




チャプタークリアまで


☛ 古代兵器の大軍と戦闘になり、開いたゲートから先へ進むとイベント(クイックタイムイベント)が発生し、「 ブーメラン 」 を習得します。

☛ ブーメランで仕掛けを解きながら道なりに進んでいけば、チャプタークリアとなります。

 建物の中のスイッチ右(ブーメランで入手)、建物から出た直後の右にそれぞれ 「 レリックエネルギーの宝箱 」 があります。

 最後のウェーブする階段を上る際、銃を持った古代兵器をブーメランで拘束しておく必要があります。



ミッション(ナックメダル)


 タイム 「 5 : 50 」 以内にクリアした。(やさしいモード推奨)

 レリックエネルギー宝箱を全て破壊した。(上記、攻略記事を参照)

 スコア 「 121000 」 以上でクリアした。(すごく難しいでプレイし、10分以内のクリアが目安)

 出現するほぼ全ての敵を倒し(小さな虫を含む)、上記のモード・クリア時間で達成できます。


スポンサーリンク





プレイ日記

新しく技を習得した時は 「 これがあれば楽勝 」 っていつも思うのですが、それに合わせて敵も強くなってくるんですよね~。ヘビーパンチやフックショットの時もどうでした。特に、ブーメランは盾持ちの敵には効かないので、今後は盾持ちの敵が増えることでしょう(;^_^A

ちなみに、ブーメランを使えば3-2のミッション、「 白い木箱を3個破壊した 」 を達成できるので、忘れずに達成しておきましょう。




©2016 HAL Laboratory, Inc. / Nintendo
関連記事

 ナック ふたりの英雄と古代兵団

0 Comments

Leave a comment

Designed by Akira.

Copyright © Zero Games All Rights Reserved.