トリッキーS 攻略 キノコ城砦 - 3 - トリッキーS
FC2ブログ

Zero Games

攻略情報の少ないタイトル、大手が稼げないと判断したタイトルの攻略が中心。

トリッキーS 攻略 キノコ城砦 - 3


★ 水中での移動可能後  【 マップ


【 9. 水タンクの調査 】


トリッキーS® キノコ城砦 クリスター-14



水タンクがあるのは、月の結界で封印された北西の建物。

水が貯められたタンクの底には扉があり、最奥で「クリスター」を入手できます。


😎 ワンポイントアドバイス!

トゲはダメージ覚悟ですり抜けられないため、アクアスフィアーが割れてしまうと、息切れによる即死につながります。そのため、行きは水面に遠い「前半」により注意し、帰りは水面に遠い「後半」により注意すれば、もし割れてしまっても水面に戻れる可能性が高くなりますよ😱



★ ボムでの破壊可能後  【 マップ


【 10. 危険なろうか 】


トリッキーS® キノコ城砦 クリスター-15



キノコ砦の「カサ」部分に、ボム太郎で壊せる部分があるので・・・。

天井を破壊した後、そこから「ボム太郎」を砦の内部へ落とし、扉の中へ入ろう!


トリッキーS® キノコ城砦 クリスター-16

扉の中は少し複雑で、3階層に分かれた作りになっています。

この部屋では「ボム太郎」で破壊できる場所が3ヶ所あるので、それぞれ破壊しよう!具体的な場所は「1階層の入口」「2階層のゲート前」「3階層の右端」となっており、全て壊すことで「クリスター」入手の準備が整います。準備が整ったら、1階層の左にあるスイッチを押し、ゲートを開いて向かおう!


🤔 3ヶ所壊す必要がないのでは?

クリスターの入手だけであれば、2階層のゲート前だけ壊せば十分。壊す理由はそれぞれ、1階層のブロックは安全ルート用、3階層の入口は脱出用になります。2階層の危険ルートを通るのであれば、ゲートが閉まる前に脱出でき、かつ安全ルート用のブロックを破壊する必要もありません。



【 11. 東の塔の秘密 】


トリッキーS® キノコ城砦 クリスター-17



クリスターがあるのは、東の塔の入口すぐの壁の中。

キノコ砦の頂上から、東の塔まで「ボム太郎」を転がし、入口すぐの壁を破壊すればOK。


🤔 ボム太郎が爆発する条件

基本的には、持たなければ爆発することはありません。トゲなどのトラップに触れても問題なし。今回は、ピグレーツの撃つ「ミサイル」や大砲の「弾」に注意すればOK。今回のように転がす距離が長い場合、爆発させられる原因になるようなものを、ルート確認のついでに排除しておくといい。



★ 古の封印を解いた後  【 マップ


【 14. ボム太郎ころりん・・・ 】


トリッキーS® キノコ城砦 クリスター-18


古の封印があるのは、キノコ砦の柄部分の左外部。

中に入ったら「ボム太郎」を城の奥まで運び、壁を破壊すれば「クリスター」を入手できます。炎に触れると爆発してしまうので「ルート選び」や「転がす勢い」に注意しながら運ぼう!


🤔 最後の炎を通過するには?

炎があるルートしかないため、転がして運ぶのは不可能。ここは左のトゲ床が上昇し、右のトゲ床が下降したタイミングで、持って運ぶしか方法はない。



【 15. ろうごくの番人たち 】


トリッキーS® キノコ城砦 クリスター-19


古の封印があるのは、南東にある牢獄の下側。

牢獄の奥へ進むと2体の「ドグウリン」と戦闘になるので、大砲の弾を当てて倒そう!倒したら、左右にある炎の中に、1体ずつ放り込むとスイッチが出現。開いたゲートの先で「クリスター」を入手できます。


😎 ワンポイントアドバイス!

ドグウリンの「雷玉」は通常より速く、合わせて「本体」「大砲の弾」を避けつつ倒すのは困難。2体同時に相手にするのではなく、まずは入口付近だけで戦い、2体目を反応させない方が得策。大砲の弾は「雷玉」と相殺されてしまうので、タイムアタックならダメージ覚悟で消しにかかるのもいい😱



スポンサーリンク







😖 ボム太郎・・・


自分のプレイスタイルとして、月の結界が解除されたらそこを集中的に、アクアスフィアーが解放されたら集中的に、ボム太郎が解放されたら集中的に。今はまさに、ボム太郎で入手できる「クリスター」を集中的に入手しているところでして・・・正直、この時点でもう転がし疲れています。段差超えるの苦労するし、1マス分の通路通れないし、その場で止めるの難しいし・・・この先まだまだ続くのですが、これは疲れそうですね~。




©Yoshizawa Arashi/Atelier Melon-kissa/Regista
関連記事

 トリッキーS

0 Comments

Leave a comment

Designed by Akira.

Copyright © Zero Games All Rights Reserved.