ユーカレイリーとインポッシブル迷宮 攻略 きょうふの工場 - 水びたし - インポッシブル迷宮
FC2ブログ

Zero Games

主に任天堂のゲームを攻略していきます。

ユーカレイリーとインポッシブル迷宮 攻略 きょうふの工場 - 水びたし


★ 攻略のポイント 「2つ目」のCPまで


【 桃のゴースト / 2枚目のコイン 】


インポッシブル迷宮® きょうふの工場 水びたし-1


写真の場所は隠し通路になっており、桃のゴーストが木箱から出現。

はねペンを落とす場所が「ノコギリ」の周囲なので、集めるのはほどほどに~。もしも「レイリー」を見失ったら、すぐ右の「〇印」が描かれた木箱の上に「レイリーベル」が隠されているので呼び戻そう!


インポッシブル迷宮® きょうふの工場 水びたし-2



ステージ変化前には見えていた木箱が・・・。

変化後は全く見えなくなっていますが、ローリングで奥へ進むことができます。


😎 ワンポイントアドバイス!

その場で回転している「オクトパス」は、かなり広範囲に吸い寄せ効果があります。特に死角からの吸い寄せに巻き込まれやすいので、存在の有無を確認しながらゆっくりと進んでいきましょう。また、そのほかの「オクトパス」は動く経路が一定なので、一度みてから進むといいでしょう。




★ 攻略のポイント 「4つ目」のCPまで


【 ノコギリからの逃走 】


インポッシブル迷宮® きょうふの工場 水びたし-3



ステージ変化後も「巨大ノコギリ」が襲ってきますが・・・。

変化後は水のおかげでやり過ごすのは簡単。水びたしになることで、簡単になる場所も😊


【 敵を踏んで上へ 】


インポッシブル迷宮® きょうふの工場 水びたし-4


上の道へ行くためには。1匹目を踏むタイミングが重要。

1匹目が下降したタイミングで踏むと、2匹目を上昇しているタイミングで踏むことができ、上の道へ行きやすくなります。緑の扉の中には「青のゴースト」がおり、4枚目のコインを入手できますよ~😉


😉 水に流されるもの・流されないもの

地面を流れる水にが流されることはありませんが、赤のゴーストが出す「はねペン」は流されます! 回収は坂の下で待機するといいでしょう。




★ 攻略のポイント 「まもりバチ」救出まで


【 5枚目のコイン 】


インポッシブル迷宮® きょうふの工場 水びたし-5


5枚目のコインは、全ての木箱を壊してしまうと取れなくなります。

ローリングで下をくぐり、手前3つの木箱だけを壊すよう、タイミングよくジャンプ。あとは、奥にある3つの木箱のうち、一番下の木箱だけ壊せばOK。尚、ノコギリと木箱の隙間はアウトゾーンになります。




🧐 「T.W.I.T. コイン」の場所


【 枚 数 】【 場 所 】【 C P / 詳 細 】
【 1 枚 目 】  インポッシブル迷宮® きょうふの工場 水びたし-6 【 CP1 - 前 】 スタート地点から右にある緑の扉の中。
【 2 枚 目 】  インポッシブル迷宮® きょうふの工場 水びたし-7 【 CP1 - 後 】 ベルから1段下にある隠し通路の先。(ポイント解説)
【 3 枚 目 】  インポッシブル迷宮® きょうふの工場 水びたし-8 【CP2 - 後 】 3つ目のチェックポイントの上。
【 4 枚 目 】  インポッシブル迷宮® きょうふの工場 水びたし-9 【 CP3 - 後 】 青のゴーストが出す「はねペン」を集める。(ポイント解説)
【 5 枚 目 】  インポッシブル迷宮® きょうふの工場 水びたし-10 【 CP5 - 後 】 ゴール地点の後ろにあるノコギリの上。(ポイント解説)



スポンサーリンク







😊 プレイ日記


ステージに入っていきなりの「誰が水を出しっぱなしにしたのかな?」という発言。とんでもない天然か? ペイジーチャレンジクリアして、その力で洞窟から滝が流れたのを忘れたか。そしてもはや、水びたしというレベルではなく「海」ですね~。タコまでいるわ😅

変化前に行けなかった隠し通路のヒント「木箱」が見えなくなっていたりと、探索の難易度も上昇していたので、行き詰まったら戻してみるといいかも。





(C) 2018. Published by Team 17. Team17 is a trademark or registered trademark of Team17 Digital Limited.
All other trademarks, copyrights and logos are property of their respective owners.
関連記事

 インポッシブル迷宮

0 Comments

Leave a comment

Designed by Akira.

Copyright © Zero Games All Rights Reserved.