ユーカレイリーとインポッシブル迷宮 攻略 きょうふの工場 - インポッシブル迷宮
FC2ブログ

Zero Games

主に任天堂のゲームを攻略していきます。

ユーカレイリーとインポッシブル迷宮 攻略 きょうふの工場


★ 攻略のポイント 「3つ目」のCPまで


【 踏んで踏んで上へ 】


インポッシブル迷宮® きょうふの工場-1


赤のゴーストは3回踏むことができ、それを利用して上に上ります。

チャンスは1回で「敵を踏む → ゴーストはねペンを2回踏む」という手順で上ります。かなりシビアで難しいですが、成功すれば「はねペン」30本を入手することができます。挑戦する価値あり?


🤔 スタート地点の右に扉が見えるけど?

この扉は、ステージ変化「水びたし」により入れるようになります。ステージ変化「なし」では入ることができないので無視しましょう!




★ 攻略のポイント 「5つ目」のCPまで


【 扉を開けるカギは? 】


インポッシブル迷宮® きょうふの工場-2



3つ目のチェックポイント通過後、カギのかかった緑の扉があります。

カギはチェックポイントすぐ左の木箱を「バディースラム」で壊すと行ける床下にあります。


😎 ワンポイントアドバイス!

4つ目のチャックポイント通過後、襲い来る巨大ノコギリから逃げつつ「はねペン」を確実に回収したい場合、はねペンの描かれた大きな木箱の右隅でしゃがんで待機し、巨大ノコギリを先に行かせてしまえばOK。これで死ぬリスクもなく、安心して集めることが可能になりますよ~😋




★ 攻略のポイント 「まもりバチ」救出まで


【 隠されたはねペン 】


インポッシブル迷宮® きょうふの工場-3


5つ目のチェックポイント通過後、写真の場所からローリングジャンプ!

上の足場に着地できれば「はねペン」40本を入手できます。また、桃の「ゴーストはねペン」が写真の場所の真下に隠れているので、こちらも忘れずに~😋 ← 上の足場に見える緑の扉はステージ変化後。


【 4枚目 & 5枚目のコイン 】


インポッシブル迷宮® きょうふの工場-4



長い下り坂の後、4枚目のコインがある緑の扉へは入れず・・・。

写真の場所から隠し通路を通り、その先にある緑の扉から入ります。 ← 下りすぎ注意!


インポッシブル迷宮® きょうふの工場-5



5枚目のコイン入手のため、ゴール直前の足場を上る前に右のゲートへ。

小さな木箱から「バクダン」を入手できるので、これをゴール地点後ろの檻にぶつけて壊そう!


😭 バクダン運びに失敗したら

一番上まで上る前なら、ノコギリに当たって直前のチェックポイントからやり直すのが得策。ステージの初めからは厳しいでしょう😅




🧐 「T.W.I.T. コイン」の場所


【 枚 数 】【 場 所 】【 C P / 詳 細 】
【 1 枚 目 】  インポッシブル迷宮® きょうふの工場-6 【 CP2 - 後 】 チェックポイント通過後、右のゲートを抜けた先。
【 2 枚 目 】  インポッシブル迷宮® きょうふの工場-7 【 CP2 - 後 】 1枚目から1段下、左のゲートを抜けた先の床下。
【 3 枚 目 】  インポッシブル迷宮® きょうふの工場-8 【CP3 - 後 】 チェックポイント通過後、カギ扉の部屋。(ポイント解説)
【 4 枚 目 】  インポッシブル迷宮® きょうふの工場-9 【 CP5 - 後 】 長い下り坂の先、緑の扉の部屋。(ポイント解説)
【 5 枚 目 】  インポッシブル迷宮® きょうふの工場-10 【 CP7 - 後 】 ゴール地点の後ろにある檻の中。(ポイント解説)



スポンサーリンク







😊 プレイ日記


ステージ2からこの難しさか~。死ぬリスクの低さ・チェックポイントの多さから考えると、このぐらいでも妥当なのかな~?

いくつか入れそうにない扉や壊せそうにない木箱がありましたが、恐らくそれらはステージ変化後。前作の拡張システムが、今作では「ステージ変化」という形になっているようなので、30分程度で探索を切り上げました。工場なの?って感じでしたが、ノコギリのデザインが「薔薇」ってのが好き😘





(C) 2018. Published by Team 17. Team17 is a trademark or registered trademark of Team17 Digital Limited.
All other trademarks, copyrights and logos are property of their respective owners.
関連記事

 インポッシブル迷宮

0 Comments

Leave a comment

Designed by Akira.

Copyright © Zero Games All Rights Reserved.