ユーカレイリーとインポッシブル迷宮 攻略 草原エリア - 1 - インポッシブル迷宮
FC2ブログ

Zero Games

主に任天堂のゲームを攻略していきます。

ユーカレイリーとインポッシブル迷宮 攻略 草原エリア - 1


チャプター1 「みやこの大通り」クリア後


【 チュートリアル 】


インポッシブル迷宮® 草原エリア-1



チャプター1のすぐ先にある木箱を窪みに落とすと・・・。

木箱や宝箱から「はねペン」を入手できます。少し下にズラして落とそう!


インポッシブル迷宮® 草原エリア-2


チャプター2へ進むためのゲートを開くには・・・。

手前にあるレバーを「テールアタック」で切り替えればOK。最初は簡単な仕掛けが続きますが、徐々に謎解き要素・難易度が増していきますよ~。前作からの懐かしの面々も、続々と登場します~😊


🤔 何度も作動させられる仕掛け

ゲートを作動させたとき、何度も開閉させられる場合はステージの「変化」を切り替える場合が多い。今後の謎解きのヒントになるかも!?




チャプター2 「きょうふの工場」クリア後


【 はねペン集め 】


インポッシブル迷宮® 草原エリア-3


チャプター2の後ろにあるゲートを足場に洞窟の中へ。

写真の場所から「ボンバーベリー」で岩を壊し、同じように右奥にある岩も破壊。壁の裏側を移動すれば宝箱から「はねペン」を入手できます。洞窟への入り方が正規ではない気もしますが、とりあえずOK😅


😓 トラウザーの有料ゲート

さらにマップを広げるためには、トラウザーに「コイン」を1枚支払わなければなりません。コンプリート勢でなくとも少しは必要!



【 トニックを解放 & 入手しよう!】


インポッシブル迷宮® 草原エリア-4


ゲート通過後にいる「ヴェンディ」に話しかけると解放されます。

最初のトニックとして「キャッチー」を入手でき、あらかじめDLで予約購入している方は、この段階で特典のトニック「4つ」が解放されます。尚、今作では3つまで「どこでも」装備が可能となっています。


インポッシブル迷宮® 草原エリア-5


少し進むといる看板の「プランカー」からヒントを聞くことができます。

はねペン「10本」で聞ける「近くの葉っぱの中に秘密の隠れ場所が」というヒントを元に、ヴェンディの下にある草の上で「バディースラム」をすると、トニック「かおでかYOOKA」を入手できます。




チャプター3へ!


【 チャレンジに挑戦 】


インポッシブル迷宮® 草原エリア-6



木箱を押して「ボンバーベリー」の元へ上り、岩を壊し地下洞窟へ。

この洞窟内でも岩を壊すことでトニック「チェックメイト・プラス」を入手できます。


インポッシブル迷宮® 草原エリア-7


地下洞窟を抜けたら「ペイジー」に話しかけ、チャレンジに挑戦しましょう。

チャレンジ内容は「全ての敵を倒す」というもので、チャレンジをクリアすると、チャプター3へ行けるようになると同時に、トニック「T.W.I.T.コインちょきん」を入手できるようになりますよ~😊


😎 ワンポイントアドバイス!

上の2体は少しだけ空中を移動できる「ローリング」を駆使し、最後の1体は、木箱を壊さずトゲをジャンプで超えて倒しに行こう!




😅 正規の方法ではないですが・・・


【 近道を開通させよう!】


インポッシブル迷宮® 草原エリア-8


チャプター2の北にある、ヒビ割れた壁を早期に壊す方法。

チャプター3から南にある「ボンバーベリー」でも、急げばギリギリ間に合います。届く距離まで運んだら爆発する前に投げるのがコツで、洞窟ではトニック「スパイダーカモ」を入手できます。



スポンサーリンク







プレイ日記


ドンキーコング・カービィ・マリオ。ステージ間を移動するゲームは数ありますが、謎解きしながら移動するのは新しい!

懐かしの面々も続々と登場し、今後のステージ変化がどのように起こるのか?というのも楽しみすぎます。ただの横スクロールでは「良ゲー」止まり、3Dマップの謎解きが入れば「神ゲー」までもう少し、さらに謎解きによりステージが変化してこそ「神ゲー」です。これは知ってほしい、売れてほしいな~😘





(C) 2018. Published by Team 17. Team17 is a trademark or registered trademark of Team17 Digital Limited.
All other trademarks, copyrights and logos are property of their respective owners.
関連記事

 インポッシブル迷宮

0 Comments

Leave a comment

Designed by Akira.

Copyright © Zero Games All Rights Reserved.