アイコノクラスツ 攻略 第17地区 ー カーサンク戦 - アイコノクラスツ
FC2ブログ

Zero Games

攻略情報の少ないタイトル、大手が稼げないと判断したタイトルの攻略が中心。

アイコノクラスツ 攻略 第17地区 ー カーサンク戦


★ シナリオ攻略



1. 「住人」に話しかけよう!


☛ 第17地区に入ると「ヘネッタ」との会話イベントが発生します。

☛ 第17地区の住人全員と会話しすると、入口で「エルロ」との会話イベントが発生します。

☛ エルロから預かった「アイボリー引換券」を、教会にいる「神の子」に渡して「アイボリー電池」を貰います。

☛ 第5ハウスに戻るとイベントが発生し、ロビンが牢屋に連行されてしまいます。


🧐 カスタムパーツを作ろう!

第5ハウスでは「寝る」ことができ、第6ハウスでは「カスタムパーツ」を作成することができます。ここまでアイテムを取り逃していなければ「アイアンハート」の作成と「ツールアシスト」の作成が可能なハズなので、上記イベントで連行されてしまう前に、作成して装備しておくといい。



2. 「牢屋」から脱出しよう!


☛ 海賊の少女「ミナ」が仲間に加え、紫の箱を3つ積み上げて脱出します。

☛ バーの屋根裏では、組織の「わはははは!!」という笑い声が聞こえている間のみ進みます。

☛ 牢屋から脱出後、セーブ像から右のフロアへ進むと、ブロックロックのボス「カーサンク」戦になります。


🧐 ボス戦の準備をしよう!

ボス戦前に重要になるのが、カスタムパーツの装備。ケミコのキャンプやセーブ像でのみ装備することができ、装備したパーツは、ダメージを受けたときに右から壊れていく。つまり、壊したくないパーツほど左にセットするのがおススメ。尚、壊れたパーツも、敵や石像を壊すことで回復可能だ。



🆚 カーサンク


【 第1段階 】


アイコノクラスツ® シナリオ1-5   アイコノクラスツ® シナリオ1-6

搭載された2つの砲台から発射される「爆風」を避け続け、背中から延びる「アーム」のナットを回すと「コア」が出現します。コアへの攻撃は「ミナ」が担当してくれるので、2人で協力してダメージを与えていこう! ダメージを与える度に出現する小型マシン「コプトローラー」「チャージショット」で数を減らし、倒し損ねた残りの「コプトローラー」は、全て「ミナ」に任せて退避すればOK。これを繰り返し、ダメージを1/4与えれば第2段階へ移行します。

😎 ワンポイントアドバイス!

ハードモードでは「爆風」の量が倍に増加しますが、護衛マシンの頭上を避けて立ち、基本的には離れていれば安全。攻撃パターンは決まっているため、コアにダメージを与えたら「チャージショット」の準備。発射される「コプトローラー」に触れてもダメージは受けないので、焦らず狙いを定めよう😉


【 第2段階 ~ 第3段階 】


アイコノクラスツ® シナリオ1-7   アイコノクラスツ® シナリオ1-8

第2段階では、足場と「イバラ 」に挟まれないよう、しゃがんでやり過ごすだけ。下向きに攻撃できないため、基本的には「ミナ」に任せておけばOK。ミナが何もしない場合、中央付近まで移動すれば、ミナが役割に気づいてくれるハズ。援護する場合、チャージショットなら横向きの発射でもダメージを与えられます。第3段階では、暴走カーサンクを「チャージショット」で破壊。第2段階と同様、横向きに発射した「チャージショット」でもダメージを与えられます。

😎 ワンポイントアドバイス!

暴走後は、特に「爆風」が飛び交うハードモードで攻撃を避け切るのは困難。コプトローラーは「ミナ」に任せ、カーサンクの破壊に専念しよう😱



スポンサーリンク







😖 CEROは「B」


確かに話が難しいですね~。簡単に言うと、この世界は宗教が重要視されていて、それに逆らう者には聖罰が下るって理解でいいのかな?それを見張っている組織が「ワン・コンサーン 」 で、聖罰を下すのが神さま、神さまに仕えるのが「マザー」や「神の子」ってところでしょうか・・・。

フィールドではサクサク進める感じで、居住区ではじっくり進めるのがいいかもしれません。ちょっと面倒くさいけど、早めに相関図でも作るか~😖





© 2017 Joakim Sandberg DANGEN ENTERTAINMENT is a trademark of Dangen Entertainment. Copyright © 2017 Dangen Entertainment. All rights reserved.
© Bifrost Entertainment AS Chowdren © 2018 MP2 Games
関連記事

 アイコノクラスツ

0 Comments

Leave a comment

Designed by Akira.

Copyright © Zero Games All Rights Reserved.