Zero Games

主に任天堂のゲームを攻略していきます。

ペーパーマリオ カラースプラッシュ 攻略 キノピオエンジニアリング


小ペンキスター(橙)ルート(レストラン オレンジーノ方面)

・ 工場の中に入り、イスに座っているキノピオに話しかけ、小ペンキスター(橙)を叩いてコースクリア!



機関車修理イベント

 ダイダイトゲしんでんで、機関車が壊れるイベント発生後、機関車修理ができるようになります。

・ キノピオ(工場長)の話を聞きましょう。以降、5つのパーツをセッティングすることになります。


 ボイラー

・ 右にある階段を上がると、ボイラーを転がそうとしているキノピオがいます。ボイラーをのぞくとチュウチュウ10とのバトルが発生します。バトル終了後、
  ボイラーの中に入って転がせば、セッティングが完了します。


 フタ

・ ボイラー設置後、ボイラーの中を通り、半開きになっている先頭車両のフタを内側からハンマーで叩くと、ハックン5体とのバトルになります。バトル終了
  後、外側にある木箱の上からハンマーでフタを叩いて閉めれば、セッティングが完了します。


 煙突

・ 再び階段を上り、今度は色ヌケしている煙突を修復しましょう。修復した煙突を引っぱると、チョロボン8とのバトルが発生します。バトル終了後、セッ
  ティングが完了します。


 運転席

・ 左奥から次のフロアへ行き、折れ曲がっているレールをハンマーで3回叩いて修理しましょう。

・ 右側にある黄色い扉から小部屋に入り、右上にある扉から一つ前のフロアに戻りましょう。

 小部屋の1Fのロッカー左で、モノカード、カクセイキを入手できます。

・ フロアに入ってすぐ、クレーンの操作室があります。色ヌケしたキノピオに近づくと、ストロームーチョ6体とバトルになります。バトル終了後、キノピオ
  を修復したら、クレーンを操作して運転席をセットしましょう。

・ 運転席をセットしたら屋根がめくれてしまうので、上からハンマーで修復すればセッティングが完了します。


 石炭車

・ もう一度左奥のフロアへ行き、小部屋に入ったら、今度は左上の扉から外へ出ましょう。

・ 客車の屋根を伝って左側へ進んだらトロッコに乗り、石炭車を運びましょう。トロッコのスイッチをハンマーで叩けば、前方にある石炭車と一緒に移動す
  るので、そのまま右のフロアにある機関車に連結させましょう。

 客車に入ると、ストレスの溜まったキノピオたちに集団でおそわれ、バトルになります。一方的にダメージを受けるバトルになるので、イベントを見たい
  ということでなければ、無視しておきましょう。

・ 石炭車の上に移動し、テンカイパワーを宿したら、時間以内にクレーン操作室近くにあるテンカイマークの付いた木箱を叩きましょう。

・ 建物の外でヘイホーたちに話しかけると、イベントが発生します。イベント発生後、せきたんヘイホーとバトルになります。バトル終了後、石炭車のセッ
  ティングが完了します。

 せきたんヘイホーの弱点は火です。石炭による攻撃は70ものダメージを受けるので必ずガードし、ファイア系のカードで早めに石炭を破壊しましょう。

・ 5つのパーツをセッティングできたらイベントが発生し、コースクリアとなります。

 機関車の発車イベント終了後、工場長からSAMPLEカードがもらえるので、必要であれば話しかけておきましょう。

 コースクリア後、機関車が移動したことにより、新たな色ヌケを発見できます。また、左のフロアの右奥の壁は、キリトリができます。一番高い位置に移
  動してからキリトリをすれば、3枚のバトルカードを入手できます。
スポンサーリンク




プレイ日記

みなさんは、キノピオに襲われるイベントを見ましたか? 考えても見れば、線路が壊れて進めない → 機関車がドッスンに潰され
る → 修理工場が襲われる、という乗客にとっては散々な始末だったでしょう。マリオは何も悪くないのにね><一番ストレスが溜まっているのはマリオでしょうね(笑)

さてさて、修復率に関してですが、実は機関車を完成させた後、もう一度訪れなければ100%にはなりません。工場に入ってすぐにある2段目の階段と、上りきった後の手すりには十分注意しましょう。また、工場の外にある木箱の色ヌケも結構忘れやすいです。手前に隠しハテナブロックがあるので、それを足場にして修復しましょう。




                                  (C)2016 Nintendo
                        Program (C)2016 Nintendo / INTELLIGENT SYSTEMS
関連記事

 カラースプラッシュ

0 Comments

Leave a comment

Designed by Akira.

Copyright © Zero Games All Rights Reserved.