Zero Games

主に任天堂のゲームを攻略していきます。

グラビティ デイズ2 攻略 Episode13クリア後 Part1


錨をあげて - 攻略の手順

重力嵐の先にある世界を証明するため、調査に協力することになったキトゥン。嵐の先に辿り着いたのは、キトゥンのよく知るあの場所だった!


1. ガレ場を調査せよ!


GRAVITY DAZE® 錨をあげて-1


  重力嵐の向こうの世界までは、カゴに乗って向かいます。バンガ集落と同じやり方ですね\(^o^)/

  ガレ場に着いたらまずは重力鉱物を撮影し、プレシャスジェムを50個集めましょう。ガレ場に着くって
  ことは、バンガと繋がってるんじゃ・・・。


GRAVITY DAZE® 錨をあげて-2

  次に、指示されたとおりの場所を撮影していきます。闘技場の撮影は少し難しい。ちょうど真上から撮影
  すると全体を移すことができます。

  さらに指定された位置にある貯水タンクと島を同時に撮影すればOK。闘技場があるってことは、バンガ
  から近いでしょ(笑) キトゥン会いに行けるじゃん(笑)


GRAVITY DAZE® 錨をあげて-3

  続けて、おじさんが投げ込んだ漂流物を探すことになります。マップは下に向かって広がっています。
  鉱物を採掘し、探したところの目印にするのが良いでしょう。

  漂流物は全部で5つあり、ベッドを見つければ即終了となります。また、漂流物を1つでも見つけること
  ができれば、時間と共にミッションが進行します。


GRAVITY DAZE® 錨をあげて-4

  最後は通信機を探すことになります。通信機は、左記マップの位置にあります。その後、出現するネヴィ
  を全て倒せば、ミッションクリアとなります。

  出現するネヴィはかなり強め。小さいネヴィがら数を減らしていくことが先決です。特にデウリは脅威!
  SPゲージが溜まっていれば必殺技を使ってしまいましょう。


ミッションクリア後

・ 採掘場が新たに2ヶ所解放され、ダウンタウンの採掘船が利用可能になります。



伝説は女で作られる - 攻略の手順

映画の撮影を依頼されたキトゥン。映画に出られるということでノリノリ。しかし、どうやらこの撮影には裏があるようだ・・・。


1. SF映画の撮影に協力!


GRAVITY DAZE® 伝説は女で作られる-1


撮影シーン1. レールの上を逃走!

・ まずは、指定されたポイントまで移動しましょう。次に、向かってくる列車を避けてホームに下りることができれば、撮影成功となります。1回目のマー
  カーの位置でセーブされるので、難易度は高くありません。接触しそうになったら、斜めにジャンプ!


撮影シーン2. 屋根の上を逃走!

・ 1分以内に目的地に到達すれば、撮影成功となります。屋根の上にいる敵から攻撃を受けても失敗になるので、できるだけ素早く移動しましょう。届きそ
  うにない所も、思い切ってジャンプすれば、案外届くかも!?


撮影シーン3. 船の上を逃走!

・ 重力船を乗り継いで目的地に到達すれば、撮影成功となります。ジャンプ中も船は移動するので、着地まで左スティックを倒したままにするのがコツです。十分船が近づいてからジャンプするようにしましょう。(目安としては10yぐらい)


撮影シーン4. 受け身を決めろ!

・ 落下ポイントで受け身を成功させれば、撮影成功となります。落下ポイント近くにいる敵は無視してOK。攻撃を受けないように素早く移動しましょう。
  R2ボタンを連打していれば、受け身に失敗することはありません。


撮影シーン5. 全ての敵を倒せ!

・ 重力操作が使えないため、格闘攻撃のみで倒すことになります。30秒以内に倒すには、背後を取られないようにするのがコツです。全て倒したら、爆発に
  巻き込まれないように、下の木箱をめがけてダイブ!全ての箱を壊す必要はありません(笑)


ミッションクリア後

・ コスチューム 「 ナース服 」 を入手できます。

スポンサーリンク






プレイ日記

今回のサイドミッションでも分かったとおり、ジルガ・パラ・ラオとヘキサヴィルは実はすごく近いんじゃないでしょうか? いずれ行き来ができるようになるでしょうから、その伏線かもしれませんね。

そして、今回は新コスチュームであるナース服をGET! 映画の衣装ということでしたが、ギャラってことでそのまま頂けたんでしょうね。しばらくはこの衣装で進めていこうと思います^^




                       ©2017 Sony Interactive Entertainment Inc. All Rights Reserved.
関連記事
   

 グラビティ デイズ2

0 Comments

質問・コメントを投稿

Designed by Akira.

Copyright © Zero Games All Rights Reserved.